ノーベル賞受賞者数の推移を表したグラフに、中国ネット「日本すごい」「中国人は日本を笑ってたが…」

Record China    2021年10月6日(水) 17時20分

拡大

米プリンストン大学の気象学者・真鍋淑郎さんがノーベル物理学賞を受賞したことを受け、中国のネット上ではある動画が話題になっている。

米プリンストン大学の気象学者・真鍋淑郎さんがノーベル物理学賞を受賞したことを受け、中国のネット上ではある動画が話題になっている。

動画は1900~2020年の120年にどの国がノーベル賞を受賞してきたかを棒グラフの変化で表すもの。1900~1930年はフランスやドイツがトップに立っていたが、米国や英国が猛追。1940~50年代に米国がフランスやドイツを抜きトップに立った。以降、米国が他国との差を広げて独走するが、2000年代に入ってから日本がイタリア、オランダ、スイスなどを抜いて上位に上がっている。なお、具体的な人数については外国籍取得者の扱いがまちまちなためか誤差がある。

中国のネットユーザーからは「日本の上昇スピードがすごい」「日本の上昇度合いが極端だ」「アジアの科学技術では日本がナンバーワン」「日本が50年で30のノーベル賞を受賞すると言った時、多くの中国人は笑った。でも今それが現実になろうとしている」「強国はやはり強い」などの声が上がった。

また、「ノーベル賞なんて取れなくても(中国は)GDP世界2位だし」という声がある一方で、「どこかの強国(中国)の人は『これに何の意味があるのだ?食えるのか?』と言うだろう」と皮肉る声も。さらには、「さすがはアメリカ人が始めたノーベル賞だな」とアメリカを揶揄(やゆ)するコメントもあるが、これには「それは違う。彼らの科学技術は本当に優れているんだよ」との反論も寄せられている。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携