ホーム フォーラム 日本×中国の交流・情報交換 知ってビックリ!中国語の漢字と日本語の漢字―講演会@6/21

知ってビックリ!中国語の漢字と日本語の漢字―講演会@6/21

投稿者:gorilla 投稿日:2017-06-05 16:19:35 閲覧数:4875 返信数:0

中国人に、日本語の漢字はどう思われているのでしょうか?
日本人に、中国語の漢字はどう思われているのでしょうか?
漢字さえあれば日本人と中国人はコミユニケーションが取れるでしょうか?
なぜ同じ漢字で意味が違うのでしょうか?
日中間の漢字は似ているようで実は異なりますが、これはなぜでしょうか?
今回の講演会で、色々な漢字の話をします。様々な疑問がはっきり解明します。

日時:2017/06/21(水)、15:00~16:30
会場:中国文化センター(東京都港区虎ノ門3-5-1 37森ビル1F)
募集人数:80 名(先着順)
参加費:無料
講演で使用する言語:日本語

講師:姜建強
上海生まれ。1993年来日。東京大学総合文化研究科の客員研究員。現在は中華新聞社編集長、日華文学ペンクラブ会長。著書に『山櫻と島国の魂』『もうひとつの日本史』『もうひとつの日本文化史』『もうひとつの日本天皇史』など多数。

講演会の詳細及びお問い合わせお申込みはこちらへ

このトピックに返信するにはログインしてください。

RecordChinaガイド登録ad
  • 投稿者
    投稿
  • #2903

    gorilla
    参加者

    中国人に、日本語の漢字はどう思われているのでしょうか?
    日本人に、中国語の漢字はどう思われているのでしょうか?
    漢字さえあれば日本人と中国人はコミユニケーションが取れるでしょうか?
    なぜ同じ漢字で意味が違うのでしょうか?
    日中間の漢字は似ているようで実は異なりますが、これはなぜでしょうか?
    今回の講演会で、色々な漢字の話をします。様々な疑問がはっきり解明します。

    日時:2017/06/21(水)、15:00~16:30
    会場:中国文化センター(東京都港区虎ノ門3-5-1 37森ビル1F)
    募集人数:80 名(先着順)
    参加費:無料
    講演で使用する言語:日本語

    講師:姜建強
    上海生まれ。1993年来日。東京大学総合文化研究科の客員研究員。現在は中華新聞社編集長、日華文学ペンクラブ会長。著書に『山櫻と島国の魂』『もうひとつの日本史』『もうひとつの日本文化史』『もうひとつの日本天皇史』など多数。

    講演会の詳細及びお問い合わせお申込みはこちらへ