ホーム フォーラム 日本×中国の交流・情報交換 中国はどんな戦略を取るのか?「トランプ新政権と米中関係の行方」―講演会@2/24

中国はどんな戦略を取るのか?「トランプ新政権と米中関係の行方」―講演会@2/24

投稿者:gorilla 投稿日:2017-02-16 15:48:48 閲覧数:908 返信数:0

2016年11月の米国大統領選で勝利して以来、トランプ大統領は保護貿易主義的な傾向を示し、経済・安全保障面で中国を挑発し続けています。一方で中国はそうした挑発に乗らず、2017年1月17日、スイスで開かれたダボス会議で習近平国家主席は、グローバル経済を擁護し、反グローバル化、保護主義を批判する講演を行い、まるで米中の役割が入替ったかのような内容でした。米国新政権の誕生により、世界情勢が流動的になる中、中国はどのような外交・安全保障戦略をとろうとしているのか、中国を代表する国際戦略の論客をお迎えして、外交・安全保障の両面からご講演頂きます。また、現代中国研究の第一人者である高原明生氏(東京大学大学院法学政治学研究科教授)と朝日新聞編集委員として安全保障の第一線を取材してこられた加藤洋一氏(日本再建イニシアティブ研究主幹)にコメンテーターをおつとめいただきます。

日時:2017年2月24日(金)、14:00~16:00 (13:30受付開始)
会場:笹川平和財団ビル11階 国際会議場(東京都港区虎ノ門1-15-16)
東京メトロ銀座線 虎ノ門駅下車 出口4より徒歩1分

プログラム:
14:00-14:05
開会あいさつ:大野修一(笹川平和財団理事長)

14:05-14:30
講演:「トランプ新政権と米中関係の行方―政治外交を中心に―」
王緝思(北京大学国際戦略研究院院長、教授)

14:30-14:55
講演:「トランプ新政権と米中関係の行方―安全保障を中心に―」
張沱生(中国国際戦略研究基金会学術委員会主任)

14:55-15:05
コメント:高原明生(東京大学大学院法学政治学研究科教授)

15:05-15:15
コメント:加藤洋一(日本再建イニシアティブ研究主幹)

15:15-16:00
質疑応答

16:00:終了

使用言語:
日本語-中国語同時通訳付

参加費:無料、申し込み先着順

お申し込み期限:2月23日(木)17:00まで
※定員になり次第締め切らせていただきますので、予めご了承ください。

講師:
王緝思 北京大学国際戦略研究院院長、教授
1948年生まれ。専門はアメリカ外交・米中関係、国際政治理論。北京大学国際政治学部卒業後、北京大学国際政治学部で教鞭をとる。さらに英オックスフォード大学、米カリフォルニア大学、ミシガン大学などで研究生活を送った経験を持つ。中国社会科学院アメリカ研究所所長、北京大学国際関係学院院長、中国共産党中央党校国際戦略研究所所長などを経て現職。

張沱生 中国国際戦略基金会学術委員会主任
1949年生まれ。専門はアジア太平洋安全保障、中国の対外関係、米中関係、日中関係。中国共産党中央党校修士号取得後、中国人民解放軍軍事学院教官、国防大学戦略研究所研究員、中国駐英大使館国防副武官、中国国際戦略研究基金会研究員などを経て現職。

お申込みお問い合わせ等詳細はこちらへ

このトピックに返信するにはログインしてください。

RecordChinaガイド登録ad
  • 投稿者
    投稿
  • #2755

    gorilla
    参加者

    2016年11月の米国大統領選で勝利して以来、トランプ大統領は保護貿易主義的な傾向を示し、経済・安全保障面で中国を挑発し続けています。一方で中国はそうした挑発に乗らず、2017年1月17日、スイスで開かれたダボス会議で習近平国家主席は、グローバル経済を擁護し、反グローバル化、保護主義を批判する講演を行い、まるで米中の役割が入替ったかのような内容でした。米国新政権の誕生により、世界情勢が流動的になる中、中国はどのような外交・安全保障戦略をとろうとしているのか、中国を代表する国際戦略の論客をお迎えして、外交・安全保障の両面からご講演頂きます。また、現代中国研究の第一人者である高原明生氏(東京大学大学院法学政治学研究科教授)と朝日新聞編集委員として安全保障の第一線を取材してこられた加藤洋一氏(日本再建イニシアティブ研究主幹)にコメンテーターをおつとめいただきます。

    日時:2017年2月24日(金)、14:00~16:00 (13:30受付開始)
    会場:笹川平和財団ビル11階 国際会議場(東京都港区虎ノ門1-15-16)
    東京メトロ銀座線 虎ノ門駅下車 出口4より徒歩1分

    プログラム:
    14:00-14:05
    開会あいさつ:大野修一(笹川平和財団理事長)

    14:05-14:30
    講演:「トランプ新政権と米中関係の行方―政治外交を中心に―」
    王緝思(北京大学国際戦略研究院院長、教授)

    14:30-14:55
    講演:「トランプ新政権と米中関係の行方―安全保障を中心に―」
    張沱生(中国国際戦略研究基金会学術委員会主任)

    14:55-15:05
    コメント:高原明生(東京大学大学院法学政治学研究科教授)

    15:05-15:15
    コメント:加藤洋一(日本再建イニシアティブ研究主幹)

    15:15-16:00
    質疑応答

    16:00:終了

    使用言語:
    日本語-中国語同時通訳付

    参加費:無料、申し込み先着順

    お申し込み期限:2月23日(木)17:00まで
    ※定員になり次第締め切らせていただきますので、予めご了承ください。

    講師:
    王緝思 北京大学国際戦略研究院院長、教授
    1948年生まれ。専門はアメリカ外交・米中関係、国際政治理論。北京大学国際政治学部卒業後、北京大学国際政治学部で教鞭をとる。さらに英オックスフォード大学、米カリフォルニア大学、ミシガン大学などで研究生活を送った経験を持つ。中国社会科学院アメリカ研究所所長、北京大学国際関係学院院長、中国共産党中央党校国際戦略研究所所長などを経て現職。

    張沱生 中国国際戦略基金会学術委員会主任
    1949年生まれ。専門はアジア太平洋安全保障、中国の対外関係、米中関係、日中関係。中国共産党中央党校修士号取得後、中国人民解放軍軍事学院教官、国防大学戦略研究所研究員、中国駐英大使館国防副武官、中国国際戦略研究基金会研究員などを経て現職。

    お申込みお問い合わせ等詳細はこちらへ